傾斜付きだよトレース台は

LEDのトレース台がキャンペーンセールで破格の値段で買えた。ネット販売の通常の価格も安いのにその時さらに数千円も下がったのである。聞いたことのない見知らぬブランドなので価格が下がり過ぎると逆に心配になったが、これまで使っていたトレース台も古く、蛍光灯が点かない時も度々あるため、そろそろ新調しなければと考えていたこともあり覚悟して買うことに決めたのである。

これがなんとA2サイズだ。届いたらまあデカイ。iMac27インチのディスプレイに近いサイズだが、もしかしてそれになんとなく似せている? そんなことどうでもええねんけど。
機能としては3段階の明るさに調節できるだけとシンプル。初期不良なく、とりあえず今のところはちゃんと使える。

しかし大きいサイズは平らな所に置いて作業をすると、覗き込むような姿勢になり非常に辛い。もっと楽な姿勢で使いやすくするために今回は傾斜台を製作したというわけである。

trace_001.jpg


製作中。
クランプ類を使う作業は好きだ。意味もなくプロっぽい気分に浸れる。
それにクランプで圧着させるとボンドだけでも十分な接着力を得られるのである。釘やネジを使うほどでもないかも。

trace_003.jpg


完成!
じつに簡単。以前に画材を置く棚を作った際に余った板があったので、あらためて買ってきた材料は角棒と蝶番だけ。
傾斜角度は2段階。
この写真は傾斜角度弱め。

trace_004.jpg


この写真は傾斜角度強め。

trace_002.jpg


傾斜をなくしてペタンと閉じるとコンパクトで収納しやすい。トレース台盤面を裏返し、机の下に立てかければバッチリ。
まー、安くてええのんが出来たんちゃうかな、と思っているしだいです。


ちなみに僕が買ったトレース台はこれです。↓
買ったばかりなので評価はできず何とも言えませんが、通常価格からして安いでしょ。

ヤマサキ兄妹の『大台南見聞録』!

tainan_001.jpg


大阪在住イラストレーター・ヤマサキタツヤさんと台南案内人・ヤマサキハナコさん、ご兄妹で書き上げた『来た見た食うた ヤマサキ兄妹的 大台南見聞録』(ヤマサキタツヤ著/書肆侃侃房)がちょっと凄い。

僕は台南のことをまったく知らない。だからこの本に書かれている地名や乗り物の名前にピンと来ないのが非常に残念なのだが、もし少しでも台南を知っている人や行ったことのある人なら、ページをめくるたびにワクワクしてたまらないのではないだろうかと想像する。
僕が台南のことに触れられないため、ここでは構成だけのご紹介になる。

全体的にヤマサキタツヤさんのスケッチタッチのイラストで構成されていて、漫画、台南めし、ハナコさんのコラム、マップ、台南のまわり方など、ページの隅にまで有用な情報が書き込まれてあり、サービス満点の台南本となっている。

とにかく台南の情報が過ぎるほどに満載! 本来なら二〜三冊くらいに分けても誰も文句は言わないくらいの内容が一冊に凝縮されていて、読者にはかなりのお買い得感がある。
台南を知らない僕だが絵を見るだけでも楽しいので、机の横に置いて、仕事の合間にちらちらとページを開いて眺めているのである。

ぱっと開いたところだけでこの情報量!
tainan_003.jpgtainan_004.jpgtainan_002.jpg

来た見た食うた ヤマサキ兄妹的 大台南見聞録 (KanKanTrip20)
来た見た食うた ヤマサキ兄妹的 大台南見聞録 (KanKanTrip20)
Comment(0)雑記

プロのイラストレーターを紹介する本

プロフェッショナル・イラストレーターとその仕事を紹介する本に掲載していただいた。

毎年掲載していただいている『イラストレーションファイル』。紹介イラストレーターの人数も多く上下巻に分かれており総勢890人。イラストを発注する側の人にはイラストレーター探しに役立ち、発注される側の人には時流を知るのにたいへんためになる本になっている。上下巻各2,000円(税別)。
僕の掲載ページは下巻のP.114。
illfile2018_book3.jpg

今年から掲載していただくことになった『イラストレーターズ通信』。手に取り見やすい手頃なサイズ。しかもこの本、なんと無料なのである。イラストを発注される方はぜひ手に入れておいて損はないです。ご希望される方は「イラストレーターズ通信 事務局」まで。
僕の掲載ページはP.152。
illtsu2018_book4.jpg

良い出会いとなるように! ご依頼をお待ちしています!
サイトの「お問い合わせ」まで!

Comment(0)雑記

最近の仕事です

最近の仕事のうち発売済みの公表できるものをまとめてサイトに載せました。
よかったらサイトで大きな画像をご覧下さい。

書籍カバーイラスト
nicchusensou1_001.jpg

雑誌連載ページ用イラスト
tarzan20180412_738.jpgtarzan_738_69_003.jpg

雑誌特集ページ用イラスト
24h_a_001.jpg24h_b_001.jpg24h_c_001.jpg

CDジャケットイラスト
besthitusa_case.jpg

最近のイラストの仕事をサイトに載せました

最近の仕事をまとめてサイトに載せました。

生きもの、ミステリータッチの挿絵、女性誌のカット、時代小説の装画、と幅広い分野を描いています。その合間にも架空戦記の装画も描いたりしているので頭の中が混乱するときがありますが、いろんな分野を描くのは知らない世界に触れることができ非常に楽しいのでやめられません。よかったらサイトをご覧ください。

図鑑イラスト
honyurui_001.jpgkonchu_001.jpg

文庫本イラスト
unko-jr.jpg

雑誌特集ページ用イラスト
naizoushibou_001.jpgtarzan20180125_733.jpg

雑誌特集ページ用イラスト
konkatsu_001.jpgkonkatsu_007.jpgBAILA201802.jpg

書籍カバーイラスト
onmitsumetsuke_001.jpg

ハマショーの映画

hamasho_180209.jpg

義兄からチケットをもらい浜田省吾の映画『旅するソングライター』を観に行った。
「2週間 毎日がハマショー」と宣伝コピーにあるように2月9日から22日までの2週間、映画館でコンセプチュアル・ライブ映像を上映する。今日はその初日であった。
私たち夫婦はワケあって数年前からこういう楽しみを忘れていたかのように遠ざかっていたのだが、今回の義兄の計らいで久しぶりに大いに楽しむことができた。義兄には心から感謝である。
「随分久しぶりのおでかけらしいおでかけやな」と妻もたいへん喜んでいた。本当に楽しむだけに出かけるのはどれくらいぶりだろう。街を歩きながら、少しずつ元の調子の生活に戻れるようなそんな気がした。

えべっさん雨上がる

180110.jpg

野田恵美須の本戎へ。
出かける頃は冷たい雨が降っていたが、野田駅に着くとすっかり止んでいた。
雨が降りやんだ後の参道や境内は大した人混みもなくちょうど良い具合である。参拝の列も長すぎることもなく程良い。振る舞い酒をいただきちょっと気持ち良い。良い良いずくしであった。
しっとりと濡れた砂利や石畳に風情を感じる。おみくじを引くと「第十五番 吉」だった。そこには「病気日を追って全快す」と書いてある。しつこい五十肩も間もなく治るだろう。
さて、今夜は久しぶりにお好み焼き大会である。
Comment(0)雑記

ぜんざいの話

zenzai.jpg

妻がぜんざいを作ってくれた。私が年末からぜんざいが食べたいと訴えていたからだが、今日の昼に小豆を炊く準備をしているのを見てからというもの私は気になってしょうがなかった。

私はとくに甘党でもなんでもない。たぶん子供の頃に外で食べたぜんざいのとにかく美味しかったという記憶が強く残っているせいだろう。あれは町内会の振る舞いぜんざいだったと思う。自分の住んでいる町ではない町内会。なのに振舞われる人達の列に厚かましく並んだ。公園で遊んで帰る途中だったので腹が減っていた。美味かった。冷えた身体がじーんと温まり、まったく知らない人ばかりの中でほっこりとした。そんな記憶だった。

そして夕方、妻の作ったぜんざいを食べた。ほっこりとする気持ちになった。これも子供の頃の記憶のせいなのかわからないが、いつもぜんざいを食べる時はほっこりとするものだと思う。

私はおしるこよりもぜんざいが好きである。小豆のつぶが崩れすぎずにまだ残っているのが好みだ。あんはどちらかというと、こしあんよりつぶあん派である。そして中に入る餅は少し焦がすくらい焼いてある方が美味いと思う。

本当にどうでもいい私のぜんざいの話である。
Comment(0)雑記

絶滅動物展

ギャラリースプーンの企画展『絶滅動物』に参加しています。
Gallery SPOON special exhibition 2017 -winter-
『Extinct Animals(絶滅動物)』
内容:24人の作家による、絶滅動物をテーマにした企画展。
会期:12/4(月)〜12/21(木)11:00〜19:00
   ※土日休廊 ※最終日は17:00まで
会場:大阪市中央区釣鐘町2-3-17ベルハウス
http://www.spoon.co.jp/gallery/

「ドードー」1点を出品。存在感を感じられるように復活させてみました。
遠くを見つめる飛べない鳥。ちょっと気持ち入りすぎか……。
dodo_001.jpg
zetsumetsuDM.jpg

『日朝開戦(3)』装画

nicchokaisen3_001.jpg

『日朝開戦(3) ー先制攻撃作戦発動!ー』 (齋藤穣著/電波社)の装画を描かせていただきました。
新型ステルス戦闘機F-35Aが迫り、超低空侵攻の戦略爆撃機B-1B編隊により移動式発射台ごと爆破される北朝鮮の弾道ミサイル群。あくまでもエンターテインメントの世界ですよ。
<あらすじ>
核実験とミサイル発射をエスカレートさせる北朝鮮は先鋭的な軍事的挑発を続ける。日本国内ではハッカー集団ラザルスを中心としたサイバー攻撃や武装テロが勃発し、混乱が巻き起きる。大規模なテロ攻撃を阻止した日本は、北朝鮮の軍事挑発を食い止めるべく、遂にアメリカと共に先制攻撃を開始する。だが、徹底抗戦の構えを崩さない北朝鮮は強力な地上軍を南進させていく……。
現実に起こり得る脅威をリアリティ溢れる筆致で描く戦慄の近未来シミュレーションノベルス。

nicchokaisen3_003.jpgnicchokaisen3_004.jpgnicchokaisen3_002.jpg