「曾根崎心中」のラフ

ohatsu_001.jpgtokube_001.jpg

「曾根崎心中」のラフ。
 お初の表情は自分で言うのも何だが、なかなか上手く描けたのではないかと思う。

 歌舞伎の絵を描く場合の注意点がある。それは歌舞伎を取り上げるときの作法として「誰にも似せてはならぬ」というもの。つまり特定の役者に見えないようにしなければならない。
 今回の場合は、誰にも似せないどころか、女形(男)のはずなのに、もうほとんど女なのである(笑)。

「大阪百景」其の四

osaka100-4.jpg
osaka100-4_002.jpg

 路地裏写真家の杉本洋一さんから届いた「大阪百景」の第四弾は本町通「本町橋」。
 杉本さんの文章に「本町のまがり」というその場所の俗称が出てくる。そう呼ばれる曰くが古い史実にあったり、落語で語られたりと、じつに大阪の地名はおもしろい。
 また大阪弁で言う「まがり」の言葉の響きが心地好い。大阪だからこその「まがり」である。
 「ほら、そこの、なにをゆうてんねや、そこの、まがりやがな」
 昔から「まがり」がそんなふうに人々の間で交わされていたのだろう。

 杉本さんの腰痛もましになり、立ち飲み屋も行けるくらいになったそうだ。
 来月あたりに一緒に大正で一杯ですな。

昭和40年男

s40.jpg

 本屋三軒まわってやっと見つけた。
 早川いくをさんのインタビュー記事「荒海に生きるタメ年男。」はP.78〜81。
 今号の特集が「俺たちの美的感覚の起源」ということで、我々の世代にばっちりな人・物が多く紹介されている。
 他にも「箱絵」や「怪獣アートの世界」など興味深い記事も掲載。
 なかなか面白いですよ。

お世話になっているのか判らない人

 携帯電話に知らない番号の電話がかかってきた。
 「○○さんスか? □□ス。お世話になりっスッ」
 先方は早口で言うので一瞬何を言っているのか判らない。もう一度言ってもらうようお願いしたのだが、さっきと同じように早口でとにかく判りにくい。早口なうえに滑舌が悪く、とくに名前のところが聞き取ることができないのだ。
 どなたかも判らないし私にかけてくれたのかどうかも判らないではどうにも返事の返しようがない。もしかしたら以前仕事でお世話になった人かもしれない。それならもう一度とも言いにくい。
 とりあえず私の名前を伝えた。かけ間違いではないかを先方に確認してもらおうと思ったのだ。するとやはり番号を間違っていたと気付かれたようで、丁重に詫びて電話を切られた。
 いつもなら「あー、いつも世話になっています」などと調子の良い返事をしているところだが、そんな返事をせずにいてよかったと、胸を撫で下ろすのであった。
 落ち着き払った対応が出来るようになった。どうやら私もようやくひとりの大人として出来上がってきたようだ。

曇空

150412.jpg

 妙に静かな日。
 父が退院した、と妹からのメール。
 今日あまりしゃべらない母は、明日転院。

春の雨

150403.jpg

 親のことで昨年から病院に幾度となく足を運んでいる日々。私もそういう歳になったということだろう。

『VVマガジン』に『うんこがへんないきもの』

vvmagazine.jpg

 ヴィレッジヴァンガードの公式フリーペーパー『VVマガジン』vol.9で『うんこがへんないきもの』のが紹介されました。
 表紙には私が描いたカバの絵が大きく扱われ、女子の後頭部あたりで豪快に糞を撒き散らしております。
 中ページには著者・早川いくをさんに取材した記事「『うんこがへんないきもの』の作者さんに聞いてみた。」が載っていて、うんこの魅力について面白く語られています。
 このフリーペーパーはヴィレッジヴァンガードの店頭に置かれるので是非!

 以前からヴィレッジヴァンガードには『へんないきもの』シリーズのような本がもっと置かれるべきだと思っていたので今回の掲載はとてもうれしい。それにヴィレヴァンの取り扱っている商品にはうんこモノもいっぱいあるようだしね。