雑誌『UOMO』・特集ページ扉絵

toriennale_001.jpg
toriennale_005.jpg uomo-10_001.jpg

 雑誌『UOMO』(集英社)特集ページ「開幕!俺たちの鶏エンナーレ」の扉絵を描かせていただきました。
 鶏肉の祭典ということで鶏エンナーレ。イラストレーターの師岡とおるさん、アートディレクターの秋山具義さん、芸人の千鳥・大悟さん。お三方がおすすめの鶏料理のお店を紹介していて見ているとついビールが飲みたくなります。

uomo10cover.jpg
『UOMO 2017年10月号』(2017年8月24日発売)

『日朝開戦(2)』装画

nicchokaisen2_001.jpg

『日朝開戦(2) ー弾道ミサイル列島襲来!ー』 (齋藤穣著/電波社)の装画を描かせていただきました。
 この記事を書いている今日(8月29日)、早朝に北朝鮮の弾道ミサイルが北海道の上空を通過したということで、全国瞬時警報システム(Jアラート)が発令されるという緊張高まる事態があったのだ。もはや小説と今起こっている現実が重なりつつあるのではと考えると怖くなってしまう。しかし、これまでにも何度も言ってますが、小説の物語はあくまでもエンターテインメントですよ!

<あらすじ>
日本の先制攻撃に対する報復として、遂に北朝鮮が日本に向けて弾道ミサイルを一斉発射した。迎撃しきれなかった数発のミサイルが舞鶴基地に落下、日本の領土で甚大な被害が出てしまう。北朝鮮軍はさらに海上部隊を日本海に送り込む。日本は護衛艦隊を出撃させ、艦隊決戦を繰り広げる……!
緊迫感溢れる筆致で描く近未来シミュレーション小説!


nicchokaisen2_003.jpg nicchokaisen2_004.jpg

nicchokaisen2_002.jpg
『日朝開戦(2) ー弾道ミサイル列島襲来!ー』 (ヴィクトリー・ノベルス)

雑誌『Tarzan』・『性(SEX)學』特集ページイラスト

kintore_005.jpg
kintore_006.jpg kintore_007.jpg

 雑誌『Tarzan』(マガジンハウス)『性(SEX)學』特集ページ「主要体位に必要な筋力は? セックスを最強にする筋トレ術。」のイラストを描かせていただきました。
 セックスの八つの体位別に重要な筋肉を示すイラストです。無論、本来の目的は筋トレです。真面目なんです。したがって描く性行為の体位が“エロ”にならないように出来るだけ生々しさを消し去るように努めました。スタイリッシュに、スポーティーにと……。しかし掲載誌を見た友人からは「今号のイラストレーションのなかで最もエロい」と言われてしまいました。SNSでも「ターザンがせめてる〜!」と私のイラストを挙げている人がいました。自分としてはかなり真面目に描いたつもりなのに。消しても消しても“エロ”は消し去ることができないのか……。まあ、とりあえず話題になったということでよかったこととします。
 ちなみに今号は母親の具合が悪いときの発売でした。お母ちゃん、これもお仕事なんや。

★全体の刷り上がりはホームページに掲載しています。
http://www.akirat.com/post/164705509811/

『Tarzan No.724』は8/10発売。

tarzan20170824_724.jpg

『スカイホープ最後の飛行』イラスト

skyhope_001.jpg

3人で読む推理小説『スカイホープ最後の飛行』(SCRAP出版)のカバー、本文挿絵、搭乗者リスト、空港マップなど全イラストを担当しました。
「リアル脱出ゲーム」のSCRAPが出版分野でも面白い試みを打ち出しているのですが、その中のひとつがこの書籍。
登場人物の3人の立場の視点で読み進めて推理するという今までにない新しいタイプの小説です。
6月30日発売!
↓挿絵はネタバレが含まれるので公開は控えます。

9books_001.jpg play_001.jpg
member_002.jpg member_001.jpg

3人で読む推理小説 スカイホープ最後の飛行 -
3人で読む推理小説 スカイホープ最後の飛行 -

『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』装画

holmes&hirobumi_001.jpg

『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』(松岡圭祐著/講談社文庫)のカバーイラストを描きました。
「シャーロック・ホームズ」シリーズの挿絵といえばシドニー・パジェット。彼の挿絵の雰囲気を出そうと似せて描きました。カバーデザインは坂野公一さんです!

holmes&hirobumi_book001.jpg holmes&hirobumi_book002.jpg

『ファイト』装画

fight_001.jpg

『ファイト』(佐藤賢一著/中央公論新社)の装画を描きました。
季刊文芸誌「小説BOC」の連載時に扉絵と挿絵を描いていましたが、このたび書籍化する際に装画も描かせていただくことになりました。なんと「小説BOC」好評連載書籍化第1弾!

fight_002.jpg fight_003.jpg

 編集者のKさんと電話で何度も話し合い、モハメド・アリの“ファイト”を象徴する場面についていろいろと検討するのですが、モハメド・アリの資料とする写真は著名な写真家が撮った有名なものばかり。そこでKさんと私、それぞれが試合やドキュメントの映像資料をいくつもチェックして最適なシーンを探すことにしました。常に誰かと闘い何かを訴えている。それがモハメド・アリの“ファイト”のような気がします。そうして描き上がったのが装画のモハメド・アリの顔です。
 デザインは片岡忠彦さん。イラストの見栄えを引き上げていただき、おかげで救われました。感謝!
 書店で見かけたら、ぜひ手にとって見ていただければ幸いです!

『日米艦隊出撃(3)』装画

nichibeikantai3_001.jpg

『日米艦隊出撃(3) ー死闘! 南シナ海決戦ー』(齋藤穣著/電波社)の装画を描かせていただきました。
 メインビジュアルは、敵艦を撃破して颯爽と航行する日米艦隊。手前に海上自衛隊のそうりゅう型潜水艦、その後ろに高度なステルス性を持つアメリカ海軍のミサイル駆逐艦ズムウォルト。

<あらすじ>
東アジア情勢が混迷を深める中、中国海軍が突如、台湾海峡を封鎖したことから日米と中国は深刻な対立状態に陥る。日中戦闘機の交戦に続き、米中潜水艦の衝突が勃発。牙を剥き出した中国の真の狙いは……。そして遂に日米同盟の最強艦隊が出撃する!
迫真の近未来シミュレーション小説!


nichibeikantai3_003.jpg nichibeikantai3_004.jpg

nichibeikantai3_002.jpg
『日米艦隊出撃(3) ー死闘! 南シナ海決戦ー』(ヴィクトリー・ノベルス)

『日朝開戦(1)』装画

nicchokaisen1_001.jpg

『日朝開戦(1) ー核ミサイル発射宣告ー』 (齋藤穣著/電波社)の装画を描かせていただきました。
「今、このタイミングに……!」という感じですが、それだけに、なんというか、まあ、いろいろ考えさせられます。あ、物語はあくまでエンタテインメントですよ!

<あらすじ>
北朝鮮が挑発行為を繰り返し、日朝関係に緊張が高まるなか、日本へ亡命を申し出た北朝鮮高官を暗殺しようと日本へと送り込まれる工作員。
やがて日本を標的とした北朝鮮の軍事侵攻作戦計画が発覚。
そしてとうとう北朝鮮は日本の主要三都市を狙った核ミサイルの発射を宣告しカウントダウンを開始した。
先制攻撃ができない日本に果たして核ミサイル発射を阻止できるのか……!
迫真の筆致で描く近未来シミュレーション小説!


nicchokaisen1_003.jpg nicchokaisen1_004.jpg

nicchokaisen1_002.jpg
『日朝開戦(1) ー核ミサイル発射宣告ー』 (ヴィクトリー・ノベルス)

佐藤賢一著「ファイト」挿絵4

boc4_002.jpg

boc4_003.jpg

 中央公論新社創業130周年記念企画で創刊された『小説BOC』で連載する佐藤賢一さんの小説「ファイト」の扉絵と挿絵を描かせていただきました。
 モハメド・アリの物語。第四試合(最終回)はラリー・ホームズ戦! かつてのスパーリングパートナー相手に見せるアリの意地のファイト。不撓不屈の精神、老いてなお衰えず……!!

boc4_004.jpg boc4_005.jpg

boc4_001.jpg

バンドのロゴマーク

roj_a_001.jpg

roj_b_001.jpg

 ハードディスクの中をあてもなくあちこちフォルダを開いて眺めていたら懐かしいものが出てきた。これはいまから何年前だったか、ジャーニーのコピーバンドから依頼されて作ったロゴマークである。当時そのバンドに大正区仲間O氏が在籍していた縁で私に声がかかった。

 コピーバンドの世界ではあくまでも本家バンドに敬してそのイメージを壊さないようにしなければいけない。楽曲の演奏はむやみに勝手なアレンジしたりしないそうだ。ギターソロも完璧を目指す。そしてファンたちのバンドのロゴマークを見たところ、これも本家を敬して出来るだけ近づけているようである。
 ということで、ジャーニーのビジュアルのモチーフ「スカラベ」を用い、イメージをジャーニーの世界観に近づけた。
 後日バンドリーダーのKさんからロゴマークが海外のファンサイトでも評判だということを聞いた。あれからO氏はバンドを脱退してしまったが、その後バンドはどうしているのだろうか。