『ファイト』装画

fight_001.jpg

『ファイト』(佐藤賢一著/中央公論新社)の装画を描きました。
季刊文芸誌「小説BOC」の連載時に扉絵と挿絵を描いていましたが、このたび書籍化する際に装画も描かせていただくことになりました。なんと「小説BOC」好評連載書籍化第1弾!

fight_002.jpg fight_003.jpg

 編集者のKさんと電話で何度も話し合い、モハメド・アリの“ファイト”を象徴する場面についていろいろと検討するのですが、モハメド・アリの資料とする写真は著名な写真家が撮った有名なものばかり。そこでKさんと私、それぞれが試合やドキュメントの映像資料をいくつもチェックして最適なシーンを探すことにしました。常に誰かと闘い何かを訴えている。それがモハメド・アリの“ファイト”のような気がします。そうして描き上がったのが装画のモハメド・アリの顔です。
 デザインは片岡忠彦さん。イラストの見栄えを引き上げていただき、おかげで救われました。感謝!
 書店で見かけたら、ぜひ手にとって見ていただければ幸いです!

『日米艦隊出撃(3)』装画

nichibeikantai3_001.jpg

『日米艦隊出撃(3) ー死闘! 南シナ海決戦ー』(齋藤穣著/電波社)の装画を描かせていただきました。
 メインビジュアルは、敵艦を撃破して颯爽と航行する日米艦隊。手前に海上自衛隊のそうりゅう型潜水艦、その後ろに高度なステルス性を持つアメリカ海軍のミサイル駆逐艦ズムウォルト。

<あらすじ>
東アジア情勢が混迷を深める中、中国海軍が突如、台湾海峡を封鎖したことから日米と中国は深刻な対立状態に陥る。日中戦闘機の交戦に続き、米中潜水艦の衝突が勃発。牙を剥き出した中国の真の狙いは……。そして遂に日米同盟の最強艦隊が出撃する!
迫真の近未来シミュレーション小説!


nichibeikantai3_003.jpg nichibeikantai3_004.jpg

nichibeikantai3_002.jpg
『日米艦隊出撃(3) ー死闘! 南シナ海決戦ー』(ヴィクトリー・ノベルス)

『日朝開戦(1)』装画

nicchokaisen1_001.jpg

『日朝開戦(1) ー核ミサイル発射宣告ー』 (齋藤穣著/電波社)の装画を描かせていただきました。
「今、このタイミングに……!」という感じですが、それだけに、なんというか、まあ、いろいろ考えさせられます。あ、物語はあくまでエンタテインメントですよ!

<あらすじ>
北朝鮮が挑発行為を繰り返し、日朝関係に緊張が高まるなか、日本へ亡命を申し出た北朝鮮高官を暗殺しようと日本へと送り込まれる工作員。
やがて日本を標的とした北朝鮮の軍事侵攻作戦計画が発覚。
そしてとうとう北朝鮮は日本の主要三都市を狙った核ミサイルの発射を宣告しカウントダウンを開始した。
先制攻撃ができない日本に果たして核ミサイル発射を阻止できるのか……!
迫真の筆致で描く近未来シミュレーション小説!


nicchokaisen1_003.jpg nicchokaisen1_004.jpg

nicchokaisen1_002.jpg
『日朝開戦(1) ー核ミサイル発射宣告ー』 (ヴィクトリー・ノベルス)

佐藤賢一著「ファイト」挿絵4

boc4_002.jpg

boc4_003.jpg

 中央公論新社創業130周年記念企画で創刊された『小説BOC』で連載する佐藤賢一さんの小説「ファイト」の扉絵と挿絵を描かせていただきました。
 モハメド・アリの物語。第四試合(最終回)はラリー・ホームズ戦! かつてのスパーリングパートナー相手に見せるアリの意地のファイト。不撓不屈の精神、老いてなお衰えず……!!

boc4_004.jpg boc4_005.jpg

boc4_001.jpg

バンドのロゴマーク

roj_a_001.jpg

roj_b_001.jpg

 ハードディスクの中をあてもなくあちこちフォルダを開いて眺めていたら懐かしいものが出てきた。これはいまから何年前だったか、ジャーニーのコピーバンドから依頼されて作ったロゴマークである。当時そのバンドに大正区仲間O氏が在籍していた縁で私に声がかかった。

 コピーバンドの世界ではあくまでも本家バンドに敬してそのイメージを壊さないようにしなければいけない。楽曲の演奏はむやみに勝手なアレンジしたりしないそうだ。ギターソロも完璧を目指す。そしてファンたちのバンドのロゴマークを見たところ、これも本家を敬して出来るだけ近づけているようである。
 ということで、ジャーニーのビジュアルのモチーフ「スカラベ」を用い、イメージをジャーニーの世界観に近づけた。
 後日バンドリーダーのKさんからロゴマークが海外のファンサイトでも評判だということを聞いた。あれからO氏はバンドを脱退してしまったが、その後バンドはどうしているのだろうか。

『極限冷蔵庫』装画

kyokugen2_001.jpg

kyokugen2_002.jpg

『極限冷蔵庫』(木下半太著/PHP文芸文庫)の装画を描かせていただきました。
 装丁はbookwallさんです。
 居酒屋の業務用大型冷蔵庫に閉じ込められてしまう、女子大生バイトと四十歳独身女性店長。
 これは事故か、誰かの悪意か? 刻々と下がる庫内の温度!二人はどうなるのか……。

kyokugen2_003.jpg
『極限冷蔵庫』(木下半太著/PHP文芸文庫)

雑誌『Tarzan』・『これが世界の一流品。』イラスト

世界の一流品39_page.jpg

 雑誌『Tarzan』(マガジンハウス)で連載している『これが世界の一流品。』のイラストを描かせていただきました。
 前回の迫力あるアポロ13号発射シーンとは打って変わって今回は可愛い黒猫の子猫。
 左ページの記事内容から最終的に黒猫には、可愛いなかにどこか妖しさを持った感じ、まっすぐにこちらを見つめる視線に力強さが出せれば、と考えました。

sekai-ichiryu39.jpg

『Tarzan No.708』は11/24発売。

tarzan20161208_708.jpg

『日米艦隊出撃(2)』装画

nichibeikantai2_001.jpg

『日米艦隊出撃(2) -尖閣諸島沖の激闘-』(齋藤穣著/電波社)の装画を描かせていただきました。

(以下は表4の紹介文から抜粋)
20XX年10月。東シナ海に現れた謎の艦船によって台湾の哨戒艇が撃沈される。現場海域に急行した日米同盟艦隊も、闇夜の台湾海峡で国籍不明の艦船に攻撃されてしまうのだった……。戦慄の近未来シミュレーション小説!

nichibeikantai2_003.jpg nichibeikantai2_004.jpg


『日米艦隊出撃(2) -尖閣諸島沖の激闘-』

『清十郎の目』装画

seijuro_002.jpg

『清十郎の目』(吉村龍一著/中央公論新社)の装画を描かせていただきました。
 昭和初期の東北。貧困と差別、厳しい運命を背負った男と女の物語です。重い内容ですが、ぜひ読んでほしい物語です。
 ちなみに装画で描いたモチーフ「何も実らないような荒れた地面と血と汗で黒ずんだ柄の使い込まれた斧」はこの物語の象徴です。
 このモチーフをどう見せるかを提案したラフ。
seijuro_005.jpg

 出来上がった本。タイトル文字とデザインが素晴らしい。デザイナーは片岡忠彦さん。
seijuro_003.jpg seijuro_004.jpg seijuro_001.jpg
 11月17日発売です。ぜひ読んでみてください!


清十郎の目

佐藤賢一著「ファイト」挿絵3

boc3_002.jpg

boc3_003.jpg

 中央公論新社創業130周年記念企画で創刊された『小説BOC』で連載する佐藤賢一さんの小説「ファイト」の扉絵と挿絵を描かせていただきました。
 モハメド・アリの物語。第三試合(第三回)はジョージ・フォアマン戦! 言わずと知れた“キンシャサの奇跡”だ!
 扉絵はロープ・ア・ドープで好機を待つアリを描いた。
 挿絵はフォアマンの一瞬の隙を見逃さなかったアリの強烈な一撃。

boc3_004.jpg boc3_005.jpg

boc3_001.jpg